デマンド監視装置について、キュービクル保安点検価格比較サイトでは今後どうする予定なのかについて

お世話になっております。


今回はデマンド監視装置について、キュービクル保安点検価格比較サイトでは今後どうする予定なのかについてです


・・・保安規定を読みこんでみようは、今回まではお休みとなります・・・


実はわたくしはこのデマンド監視装置についてのブログは避けておりました

その理由は・・・まず、色々と有名であると

そして、価格についてもお客様が納得される価格である場合と、かけ離れている場合があるため、あまりこの問題については蓋をしたままにしておきたかったのですが、意外とお客様からの問い合わせが多かったので、そろそろ書いてもいいかなと思ったので、今回解禁いたしました。


さて、デマンド監視装置とはどういうものなのか・・・これに関しましては、色々なサイトで書かれておりますので、ざっくりと説明いたします。


お客様が努力すれば電気代を安くする方法があるのですが、その指針となる数値を様々な方法でお知らせする装置です・・・ほんとざっくりさせました(笑)


結局は、お客様の努力次第という事です。

中には、高額で制御してくれる機械もありますが、基本的には自分で電気の使用をオンオフする、そのタイミングを教えてくれる機械の事です。


価格ですが、これに関してはお客様のお求めになる機能によって変わりますが、10万円台から数百万円台と幅広いです。


仕組みはと言いますと、電力メーターから出ているパルス信号を解読してお知らせするというのが一般的ですし、それ以外の方法はないと思います。

本当にいたって単純な仕組みです。


では、なんで価格がここまで幅広いのかと言いますと


パルス信号を拾う(送信機)とその送信機から発した信号を受信する装置(受信機)の仕組みがメーカーによって様々なのです。

無線で飛ばしてくれる装置もあれば、LANケーブルを繋いでという機械もあります。他にも、PLCと言う電力線通信と言う機能を使った通信方法(コンセントに刺せば信号を発信受信ができる)のデマンド装置もありますし、中には500M先まで飛ばせる通信方式を使った方法などもありました。

このため、価格に開きがあったのです。


では、どれが御社にとってベストなのか


・・・それはわたくしにもわかりません。

ヒアリングをさせていただき、そして現場調査できる範囲(距離が近ければ)であれば一度調査をさせていただいたうえでベストなシステムを納入するのが一番だと思っております。
そのうえで、工事が必要なのか(通信線を引っ張らないとだめなのか?新たにケーブルをひかないとだめなのか?)を判断して価格を提示させていただければと思っております。

現段階では、デマンド監視装置は10万円台から50万円台のを4・5種類そろえる予定です。

そして、この4・5種類ですべてのお客様を納得していただけるようにラインナップにはこだわりたいと思っております。


例えば「単純にブザーが鳴るだけでいいんだよ」っていうお客様であれば10万円台からありますし、「誰が見ても一発でわかるような、わかりやすさにこだわりたい」と言うお客様であれば、20万円台の品物や、50万円台のもあります(通信方式の違いで価格が変わります)


工事費も、設置と設定だけであれば数万円で収まる場合(PLC方式や無線方式等)もありますし、仮に500M先に設置する場合で、ケーブルや通信線を敷設するのであれば、それなりに費用が掛かると思っていただければと思います。

このように「キュービクル保安点検価格比較サイト」は、お客様のご要望をお聞きしたうえで、日々進化していきますので、ますます使いやすいサイトになるよう努力してまいります。