詐欺の手口にご注意ください

お世話になっております。コラム担当のSです。

今回は

詐欺の手口にご注意ください

という事で、
実際に詐欺未遂に終わった事件の情報を基に、編集して書いております。

あまり詳しく書きますと真似される可能性があるため、ある程度はぼかしながら書いていることをご了承のうえでお読みになっていただき、少しでも詐欺にあわれないよう気を付けていただければと思います。



とある地方に自家用電気工作物を所有されているA社様からの報告です。

ある日、上着が作業着にワイシャツネクタイで、下はスラックスと言う営業スタイルの方が飛び込みで営業に来たそうです。

「電気の保安協会ですが、御社のキュービクルですが〇〇〇〇してますか?」

と言う質問をされたようです。(本当はこんなライトな感じではなく、もっと具体的にお話をしてきたようです)

その後に、〇〇〇〇していたかお客様はわからないため、困っていると

「点検報告書を見せていただいていいですか?」

と言ってきたようです。

点検報告書を渡したところ、報告書をチェックしながら

「これ!〇〇〇〇してませんね!これしていないと・・・・・」

と脅しをして来たとの事でした(・・・・・と書きましたが、具体的な内容だったため省略させていただきます)。

すぐにでもやりましょうと言ってきたことに対して
A社様の担当者様はなんとなく不審に思って

「やらなくてはいけないことは理解できたのですが、私の判断ではお願いが出来ないため、一度上司に相談してからお願いしようと思いますので、名刺頂いてよろしいでしょうか」

と言ったところ、「電気の保安協会」とは全く関係のない会社名の名刺を渡してきたとの事でした。

その翌日ですが、相談を受けていたのでお伺いした際にその名刺を私に見せていただいたので、私が電話しました。

詐欺「はい、どちら様ですか?」

私「A社の自家用電気工作物の外部委託している者ですが、電気の保安協会の□□□さんではないんですか?」

詐欺「ん?そうですけど、どういった御用件ですか?」

私「まず、“電気の保安協会”ってなに?どこの保安協会?そもそも“電気の”ってなに?」

詐欺「保安協会ですよ!“電気保安協会”ですよ!!なんですかあなたは!!」

私「“電気の”保安協会じゃないの?電気保安協会なのね?」

詐欺「電気保安協会ですよ!あなたすごく失礼じゃないですか?」

私「今タブレットがあるので、電気保安協会を調べてるけどどこにあなたの言っている電気保安協会はあるの?」

詐欺「東京にあります!あなたに関係ないですよね!もう電話かけてこないでください!!」

と言われて、電話を切られました。


今回は未遂で終わりましたが、このように詐欺の営業が今後増えてくると思われます。

何か変だな? って思いましたらすぐに契約などせずに、
まずは点検をしていただいている方に相談してみてください。

今回は詐欺の手口にご注意くださいでした。

今こそ価格を比較して、経費削減をしてみませんか??

お世話になっております。コラム担当のSです。

今回は、「今こそ価格を比較して、経費削減をしてみませんか??」
についてです。

ここを見ていただきました皆様に質問です。

  • 【1】今の点検価格は本当に適正ですか。

  • 【2】今の電気料金は本当に適正ですか。

  • 【3】今取り付けているデマンド監視装置って本当に使いこなせていますか。


昨今の新型コロナ騒動で急激に経営状況の変化が来ています。

私たちのサイトでお手伝いができるのは、
上記の3つを見直しして経費を削減する事です。

特に、2番と3番に関してはトップページにあるバナー「お問い合わせはこちら」から問い合わせていただければと思います。

電気料金見直しで20%以上削減できたケースや、
デマンド監視装置を見直すことで、
100万円以上削減できたケースなどたくさんあります。

経費を削減したいと思いましたらお気軽にお問い合わせください。

最後の最後までお付き合いするのが私たち電気保安業界の人間です

お世話になっております。コラム担当のSです。

今回のお話は、

「最後の最後までお付き合いするのが私たち電気保安業界の人間です」

についてです。

忘れもしません・・・数年前のお話になります。

とある日曜日に一本の電話がかかってきました。
電話の主はレジャー系の会社を営んでいる社長からでした。

だいたい、変なタイミングで電話がかかってくる社長で、そういう時の電話は大体厄介ごとの電話ばかり・・・

例えば投光器が壊れただの、
自分で敷設したケーブルを草刈り機で切っちゃったとか(工事士持ってないんですけど、自分でできることはやっちゃう社長でした)、
とにかく普通のお客様よりも手間のかかる場合のみ電話をかけてくる社長でした。

そんな社長からの日曜日にかかってきた電話に恐る恐る出てみると・・・
あれ?いつもより声が小さい。

普段は、威勢のいい声の社長でしたが、この日は違いました。

「もしもし?Sさん??Tですけど」

「社長!お世話になっております。どうしました??」

「実は・・・」

こっから衝撃事実・・・

会社を閉めるという話でした。

自分も、初めてのケースでしたのでおろおろとしてしまいましたが、
翌日であれば時間を作れるという事でしたので、翌日にあらためてお伺いいたしました。

お話を聞いてみると、客が減少したので閉めるのではなく、メインの機械が修復不可能になってしまったため、泣く泣く閉めるとのことでした。

「いやーーーまいちゃったよ!!まさか、壊れるとは思ってなくてさ!!」
昨日よりは若干元気な声でお話を続けてくれるT社長。

親から引き継いだ話や、お客様との思い出話等々・・・
普段はお客さんがいたこの場所に今日は一人もいません。

「長話して済まなかったね!と言うわけで、最後の最後まで面倒見てくれや!頼むよ!!」

私も、最後の最後までサポートさせていただく事になり・・・
嬉しいやら寂しいやら・・・

しばらく事務所は使うため、早急に高圧を廃止し、電灯を引っ張ってあげる段取りをし、それと同時に廃止届を出しました。

「最後の最後まで世話になったねSさん・・・なんか急に寂しくなっちゃったよ」

最後の最後までお付き合い出来て、
本当に保安業務従事者冥利に尽きます。


私たちの仕事は、会社がスタートするときにお付き合いが始まり、そして会社を閉める最後までお付き合いする職業です。

自分もこの経験を忘れることなく、
一人ひとり大切にお付き合いできればと思っております。

新規の見積もり

新規の案件で
見積もりを取る際のお願い

お世話になっております。コラム担当のSです。
今回は、お願いになります。

「新規案件で見積もりを取る際のお願い」についてになります。

意外と新規案件の見積り依頼があるのがこのサイトです。
おそらくですが、今現在の価格は本当に正しいのか?というのを確認するためにこのサイトで見積もりを取るというお客様が多いのだと思います。

もちろん!そのように使っていただいて構いません!
が、わたくしたちの仕事は本当に薄利の為、
お仕事を頂けますと助かります。

横道にそれてしまいましたが、
新規案件で見積もりを取る際のお願いですね。

まず、一番注意していただきたいのが工程です。

最低でも、依頼を受けてから1ヶ月は欲しい所です。
地域によってはもっと期間が欲しい場合もありますので、
ある程度内容が分かりましたらお問い合わせいただけますと助かります。

反対に、1週間後には欲しいというのは無理ですので、
その際は大変恐縮ではございますがお断りさせていただいております。

では、ベストな方法をお話いたします。

電気工事が始まる1ヶ月前くらいには
見積もり連絡をください。

そこで契約が決まりましたら早急に保安規程等を提出いたします。
そして工事期間中は1週間に一度は現場検査のための見回りをいたします。
(保安規程には週に一回以上現場を見回る事になっておりますので)
ちなみに、見回りも別途費用が掛かります。

工事が終了いたしましたら、竣工試験を行います。
こちらも別途費用が掛かります。

そして電力会社さんから受電させていただいて、運営開始となります。

ここまでやらせていただいたら、、、
100点満点に近いのではないでしょうか。
こんな感じで見積もり依頼をしていただけますと助かります。

というわけで、今回はここまでとします。

保安業務の請負業者はどこが多い?

現在の保安業務を請け負っている業者はどこが多いのか?!

お世話になっております。また、大変ご無沙汰しております。

今回は、キュービクル価格比較サイトに問い合わせを頂きましたお客様から、現在の保安業務を請け負っている業者はどこが多いのかについてです。

おかげさまで月間の訪問者数も1000人弱訪問していただけるサイトに育ちました(広告宣伝費0円なのが自慢です!)ので、そろそろ「どこから乗り換えようかな」という情報もある程度集まりましたので、ここでお披露目したいなと思います。

  • ・保安協会(全国集計)
  • ・電気監理技術者(個人事業主はすべてここに入ります)
  • ・電気保安法人(全国の保安法人です)
  • ・新規(自家用電気工作物を新設予定のお客様)
  • ・?(保安法人でもない・・・怪しい業者)

上記の5つに分けました。

当初は、保安協会さんか電気監理技術者さんからの乗り換えでの問い合わせが多いのかと思っていたのですが・・・意外と保安協会さんや電気監理技術者さんからの問い合わせは少なかったです。

反対に、電気保安法人さん・・・と言うか、ほぼほぼ某電気保安法人さんからの問い合わせ(約8割強・・・どことは言いませんよ)が多かったです。



これが意外でしたね!!

あと、一番びっくりしたのが・・・?が意外と多いです・・・

検索してみても、技協さんの集まりっぽくもない・・・正体不明・・・が多かったです。 ほんの数件は、電気工事店さんがありましたが、こういうところはおそらくですが、年間の契約金額でお客様から依頼を受けている電気工事店さんで、そこの電気工事店さんが保安業者を選定されているところなのではないかなと思いました(自分は、コラム執筆と保安業務のアドバイスのみで、お客様との接触が一切ないため、想像で書いております)。

今回のコラムに関しては、お客様向けと言うよりかは業界向けかもしれません。

実際に業界人にこの話したら食いつくと思うし(笑)
今度、保安協会さんの事業所に遊びに行くので、このネタ持って行ってみますかね

今回のコラムはここまでです。

次回は・・・もう少し早く更新いたしますので引き続きよろしくお願いいたします。

デマンド監視装置について、キュービクル保安点検価格比較サイトでは今後どうする予定なのかについて

お世話になっております。


今回はデマンド監視装置について、キュービクル保安点検価格比較サイトでは今後どうする予定なのかについてです


・・・保安規定を読みこんでみようは、今回まではお休みとなります・・・


実はわたくしはこのデマンド監視装置についてのブログは避けておりました

その理由は・・・まず、色々と有名であると

そして、価格についてもお客様が納得される価格である場合と、かけ離れている場合があるため、あまりこの問題については蓋をしたままにしておきたかったのですが、意外とお客様からの問い合わせが多かったので、そろそろ書いてもいいかなと思ったので、今回解禁いたしました。


さて、デマンド監視装置とはどういうものなのか・・・これに関しましては、色々なサイトで書かれておりますので、ざっくりと説明いたします。


お客様が努力すれば電気代を安くする方法があるのですが、その指針となる数値を様々な方法でお知らせする装置です・・・ほんとざっくりさせました(笑)


結局は、お客様の努力次第という事です。

中には、高額で制御してくれる機械もありますが、基本的には自分で電気の使用をオンオフする、そのタイミングを教えてくれる機械の事です。


価格ですが、これに関してはお客様のお求めになる機能によって変わりますが、10万円台から数百万円台と幅広いです。


仕組みはと言いますと、電力メーターから出ているパルス信号を解読してお知らせするというのが一般的ですし、それ以外の方法はないと思います。

本当にいたって単純な仕組みです。


では、なんで価格がここまで幅広いのかと言いますと


パルス信号を拾う(送信機)とその送信機から発した信号を受信する装置(受信機)の仕組みがメーカーによって様々なのです。

無線で飛ばしてくれる装置もあれば、LANケーブルを繋いでという機械もあります。他にも、PLCと言う電力線通信と言う機能を使った通信方法(コンセントに刺せば信号を発信受信ができる)のデマンド装置もありますし、中には500M先まで飛ばせる通信方式を使った方法などもありました。

このため、価格に開きがあったのです。


では、どれが御社にとってベストなのか


・・・それはわたくしにもわかりません。

ヒアリングをさせていただき、そして現場調査できる範囲(距離が近ければ)であれば一度調査をさせていただいたうえでベストなシステムを納入するのが一番だと思っております。
そのうえで、工事が必要なのか(通信線を引っ張らないとだめなのか?新たにケーブルをひかないとだめなのか?)を判断して価格を提示させていただければと思っております。

現段階では、デマンド監視装置は10万円台から50万円台のを4・5種類そろえる予定です。

そして、この4・5種類ですべてのお客様を納得していただけるようにラインナップにはこだわりたいと思っております。


例えば「単純にブザーが鳴るだけでいいんだよ」っていうお客様であれば10万円台からありますし、「誰が見ても一発でわかるような、わかりやすさにこだわりたい」と言うお客様であれば、20万円台の品物や、50万円台のもあります(通信方式の違いで価格が変わります)


工事費も、設置と設定だけであれば数万円で収まる場合(PLC方式や無線方式等)もありますし、仮に500M先に設置する場合で、ケーブルや通信線を敷設するのであれば、それなりに費用が掛かると思っていただければと思います。

このように「キュービクル保安点検価格比較サイト」は、お客様のご要望をお聞きしたうえで、日々進化していきますので、ますます使いやすいサイトになるよう努力してまいります。

最近の電気保安業界の人手不足と価格高騰について

お世話になっております。


今回は、最近の電気保安業界の人手不足についてです。


一昨年あたりから、わたくしたちが関わっております電気保安業界でも人手不足の危機について経済産業省から深刻になると発表されました。

それから2年が経ちましたが、ここにきて業界がかなり厳しい状況になっております。


なぜ厳しくなったのかと言いますと、もともとこの業務を担える人(電気管理技術者・保安業務従事者)に成るためのハードルがものすごく高く、電気管理技術者・保安業務従事者の資格を取得すれば、すぐ成れるというわけではないため、人が育ちにくいという背景があります。


そこに、昨今のブームであります太陽光発電所の建設ラッシュが重なり、見たくても見れないという状況が続いております。

ちなみに、50kW以上2000kW未満までは太陽光発電所の外部委託が使えるため、ここ数年で異常な件数が増えた(北陸3県にある高圧案件以上増えております)のも一因となっております。


このような現況の中で、わたくしたちも全国ネットワークの中から「電気管理技術者・保安業務従事者」を選定しておりますが、業者側との価格が上記理由に伴い見合わなかったりすることが増えてまいりました。


上記ご理解の上、キュービクル保安点検価格比較サイトへ見積もり依頼をいただければ、外部委託していただける「電気管理技術者・保安業務従事者」の仲間を探させていただきます。


また、見積もりをスムーズに提出させていただく関係で、可能であれば、今現在点検している保安業者様の点検報告書(月次点検1,2回分と年次点検1回分)を ホームページ上の見積もり依頼フォームに 点検報告書の画像またはPDFデータを添付の上 送信していただけますと幸いです。


お手数ではございますが、ご協力をよろしくお願い致します。


それでは、今後もよろしくお願いいたします。

キュービクル保安点検価格比較サイト

保安規程を読みこんでみよう!パート2

前回から始まりました、保安規程を読みこんでみよう!の第2回になります。

だいぶ時間が空いてしまいましたが・・・ここにきて問い合わせが殺到した関係で、少しバタついておりました。

また今月からコラムを書きますのでよろしくお願いいたします。

前回は、第1条と第2条について説明いたしました。
保安規程を読みこんでみよう!パート1

今回は、第3条と第4条について説明いたします。

  • 第3条 この規程を実施するため必要と認められる場合には、別に細則を定めるものとする。

これに関しましては、簡単に流しましょう。 実施するにあたって、これがないとこの保安規程は成立しないというものがあれば、別に細則を作って決めましょうという事です。 おそらくここに細則を作るとなるとかなりの知識が必要となるため、よほどの事がない限りここは定めなくて大丈夫です。

  • 第4条 この規程の改正または前条に定める細則の制定あるいは改正にあたっては、電気保安法人・電気管理技術者の意見を求めるものとする。

ここに関しましては、一度作った保安規程を作り替えたり、一部を変更する際には外部委託先に意見を求めて、それを反映する材料にしてくださいねと言う意味で良いと思います。

反映する材料としたのも、全て求めるのではなく、一意見として保安規程に反映し、それを基にして自分で作るのがメインですから。

このように分解して読んでみますとそこまで難しいことは書いてありません。 ただ、あのように文字がたくさん書いてありますと少し読む気が無くなりますよね。

落ち着いて読んでみるとそこまで難しいことは書いてありません。

またこのように続けていきますので、最後までお付き合いいただけますと助かります。

保安規程を読みこんでみよう!パート1

今回から数回に分けて、保安規定を読みこんでみようという内容でコラムを書かせていただきます。

このコラムでのポイントは 実際の保安規程を参考に、理解しやすいようにかなり噛み砕いて説明しています。 1回で全てを説明するのではなく、十数回に分けて説明する予定です。

今回使用します保安規程ですが、中国四国産業保安監督部電力安全課にあります保安規定を参考に説明します。

では、まず初めに第一章 総則についてです。

  • 第1条 この規程は______________(以下「設置者」という。)____________(以 下「当事業場」という。)における電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安を確保するため、電気事業法(昭和39年法律第170号。以下「法」という。) 第42条第1項の規定に基づきこの規程を定める。

では説明しますね。

「ここの第一条では、設置者とキュービクルが置いてある場所(ここでは工場としましょう)における安全に工事をしたり、維持したり、運営したりする際にはルールを定めてくださいね!」

「そのルールを定めるというのは法律で決まってますので、そのルールとして保安規程と言うのを定めてください。」

これが第一条の説明となります。

もっと簡単に言うと、「設置者は設置した場所にキュービクルを置く場合、法律で保安規程を定めないとだめですよ!」という感じです。

続けますね。

  • 第2条 当事業場の設置者及び従業者並びに__________________(以下、「電気保安法人」という。)は、電気関係法令及びこの規程を遵守するものとする。

では説明しますね。

「キュービクルを設置して利用するんですから、設置者やそこで働く人、さらに外部委託先の電気保安法人(もしくは電気管理技術者)も、電気関係法令だけではなく、この保安規定を守ってね」という意味です。

つまり、保安規程は誰が作ったんですか?

設置者ですよね?(前回のコラムで説明しましたが、保安規程を作成するのは設置者です)

設置者が作った保安規程ですから、事故等があってはならないんだから、設置者ももちろんだが、従業員も外部委託としてお願いした電気保安法人や電気管理技術者の方もこの『保安規程』を守らなくてはならない!

という事が書かれています。

時々いる、「俺は電気主任技術者で偉いんだぞ!」と勘違いしている電気主任技術者の方が時々見られますが、偉い偉くないはありません。

勘違いしている電気主任技術者の方がいらっしゃったら、第二条を見せつけてください。

設置したキュービクルを安全に運営していくには、設置者と点検する我々側が一緒に協力して見ていくという事がここの深い意味になると思います。

このような感じで、保安規定を読みこんでいきたいと思っておりますが・・・第25条まであるんですよね・・・これはかなり時間がかかると思います。

めげずに書ききりたいと思ってますので、応援をよろしくお願いします。

保安規定を知ってますか?

今回は「保安規程を知ってますか?」についてです。

この「保安規程を知ってますか?」は、内容を知ってますかと言うよりも、「保安規程というものを聞いたことがありますか?」と言うレベルでお話いたします。

■ まずは、みなさんは保安規程という言葉を聞いたことがありますか?

聞いたことがないという方は、おそらく引き継ぎで前任者の方から教えてもらっていないのかもしれませんし、もしかしたらわたくしたちの仲間である電気管理技術者や電気保安法人の保安業務従事者の方から詳しい説明を受けていないのかもしれません。

■ そもそも、この保安規程とは何なのでしょうか?

それは、自家用電気工作物(キュービクル)を設置するうえで安全に使用するためのルールブックだと思っていただければいいと思います。

そしてこれを作成するのは、設置者のみなさんが作成しなくてはいけないのです。

しかし、保安規程を一から作成なんて無理無理。実際にわたくしたちも1からすべて作ろうと思うと無理です。やはり参考書などを参考にしながら作らないと作れません。

そのくらいのレベルなので、一般の方が1から作るのは無理ですから、わたくしの場合は雛形をお渡しして、それを丸写しで作ってもらってます。

■ ん?ひな形を丸写しでOK?ならそんなに重要ではないのでは? って思った方がいらっしゃると思います。

実はこれが一番大切で、この保安規程がすべてと言ってもかごではないくらい大事なものになります。

契約書についても、点検の頻度および項目にかんしては「詳細は保安規程によるもの」と書かれております。

つまり、外部委託先にお願いする際に必須だけじゃなく、そもそも設置の許可を取る際に必要なのがこの保安規程ですので、「保安規程?なにそれ??そんなのあったっけ???」と言う方は、まずは点検報告書のファイルを見てください。

そこにないときは、契約書などと一緒に保管してあるかもしれません。

それでも見つからない場合は、今契約している電気保安法人、もしくは電気管理技術者の方に雛形の再発行をお願いしましょう。

冊子の場合はいくらかお金がかかると思いますが、コピー紙での発行でしたら無料でしてくれると思います。

そしてじっくり読んでみてください。わからない場合は教えてもらうのもいいと思います。

それくらい大切ですので、まずは一読してください。

それでもわからない場合は・・・こちらのコラムで順次説明しますので、ゆっくり待っててください。

今回は、保安規程を知っていますか?についてでした。